取り扱い、保管、使用上の注意事項

ホーム / 取り扱い、保管、使用上の注意事項

使用前にロックラック®︎安全データシート(SDS)の内容を確認の上、
各注意事項を順守ください。

1. 取り扱い上の注意点

  1. 火気、衝撃、打撃、摩擦を与えないこと。(厳禁)
  2. 漏洩電流があるとき、落雷の恐れがある場合は作業を中止すること。
  3. バッテリーを含む電気器具を近づけないこと。
  4. 静電気に注意すること。

2. 保管上の注意点

  1. 水濡れ、吸湿に注意すること。
  2. 点火具とカートリッジは別々の箱に収納して保管すること。
  3. 保管場所は、火気や電気設備から離れている冷暗所とすること。
  4. 保管場所は金属製のロッカー等とし、必ず施錠し、帳簿を備え、出し入れ毎に記帳すること。
  5. 直射日光にあてないこと。また、高温になる車内に存置しないこと。

3. 使用上の注意点

  1. 本作業の前に必ず小規模な試験破砕を行い、破砕状況と防護方法を確認すること。また、岩質が変化した場合も試験破砕を実施すること。
  2. 60℃以上の場所では使用しないこと。
  3. 水深5m 以上の場所では使用しないこと。
  4. カートリッジの蓋を開けないこと。
  5. 鉄砲現象を防止するため、適切な込め物を使用し、十分な込め物長を確保すること。
  6. 切羽に水がある場合は、結線部分のリ一ク対策を講ずること。
  7. 瞬発点火具の点火には発破器、段発点火具の点火には専用点火器を使用すること。
  8. 破砕後、有害ガス(一酸化炭素、硫黄酸化物等)が発生するので十分に換気すること。
  9. 二次反応を起こすことがあるので、点火後5分以内に破砕場所に近づかないこと。
  10. 二次反応により延焼する可能性があるため、破砕場所周辺に燃えやすいものを置かないこと。
  11. 残留が発生した場合は、8-7 不発・残留薬の処置に従って処理し、焼却処理は行わないこと。
  12. カートリッジは製造後2年以内、点火具は製造後5年以内に使用すること。